今のところ、物理的なSIMカードとeSIMの違いがよくわからない人はたくさんいます。なぜ、ますます多くの人々がeSIMについて語り始め、eSIMを選び始めているのでしょうか?なぜ、国際ローミングやレンタルWi-Fiが社会から淘汰されつつあるのでしょうか?
円安の影響で海外旅行の費用が高くなり、旅行する人にとって最も安く、使い勝手の良い商品を選ぶことは重要なポイントとなっています。
この記事は、SIMカード、eSIM、国際ローミング、レンタルWI-FIの違いを徹底的に紹介します。全部読めば、最終的には安くて 今のところ、物理的なSIMカードとeSIMの違いがよくわからない人はたくさんいます。なぜ、ますます多くの人々がeSIMについて語り始め、eSIMを選び始めているのでしょうか?なぜ、国際ローミングやレンタルWi-Fiが社会から淘汰されつつあるのでしょうか?
円安の影響で海外旅行の費用が高くなり、旅行する人にとって最も安く、使い勝手の良い商品を選ぶことは重要なポイントとなっています。
この記事は、SIMカード、eSIM、国際ローミング、レンタルWI-FIの違いを徹底的に紹介します。全部読めば、最終的には安くて

Home >ニュースルーム>

海外旅行中にSIMカードよりeSIMを使うべき理由。SIMカード・レンタルWi-Fi・国際ローミングとの比

2024-05-10


I. eSIMブランドAlmondSIMについて

最初に、2013年に設立され、スマートフォンの普及とともに急成長を遂げたAlmondSIMについて紹介しましょう。

設立当初から、世界の通信事業者(eSIMカード、プリペイドSIMカード)と直接契約するというコンセプトを堅持し、最も安価でコストパフォーマンスの高い海外インターネット接続製品を消費者に提供しようとしています。

世界中を旅行しながらeSIMを利用する人々のニーズに応えるため、AlmondSIMは200カ国以上のeSIMトラフィックパッケージを発売し、ほぼ全世界をカバーしています。

詳細については、以下のリンクをクリックして当社のホームページをご覧ください:Almondsim .



次の文章では、画像に示した内容を含めて、eSIMが海外旅行でより推奨される理由をご紹介します。


II. 海外でインターネットを使用する際にeSIMを選ぶメリット

1.利便性:eSIM(QRコードをスキャンする)は、物理的にカードを挿入することなく、直接スマホなどのデバイスに搭載されているため、ユーザーはSIMカードを紛失したり、破損したり、交換する必要があることを心配する必要がありません。バーチャルなデジタル製品のため、ユーザーは実店舗に出向くことなく、いつでもどこでもネットでeSIMの購入、アクティベーション、管理、利用ができます。

2.マルチオペレーター対応:eSIMを利用することで、ユーザーは同じ端末で複数の通信事業者のサービスを利用することができ、必要に応じて簡単に切り替えることで、より広いネットワークカバレッジと競争力のある価格を享受することができます。この柔軟性により、ユーザーは自分のニーズに最適なネットワーク・サービス・プロバイダーを選択することができます。

3.セキュリティ:eSIM技術はより高いセキュリティを可能にし、デジタル署名やその他の技術による認証や暗号化保護を通じて、情報漏洩のリスクを低減します。従来の物理的なSIMカードに比べ、eSIMはコピーやクラックが困難であるため、ユーザーの個人情報やプライバシーをより確実に保護することができます。

4.環境にやさしい:eSIMは、従来のプラスチック製SIMカードの製造、輸送、廃棄に伴う環境負荷を低減し、持続可能な発展に貢献します。また、eSIMを選択することは、環境に優しいライフスタイルであり、環境保護に積極的な意義があります。

5.端末性能の向上:eSIMは物理的なカードスロットを必要としないため、端末メーカーはバッテリー容量と性能を向上させながら、より薄く軽い端末を作ることができます。 これは、高性能と携帯性を求めるユーザーにとって重要な利点とも言えます。

6.幅広い利用可能性:eSIMはすでにスマートフォン、スマートウォッチ、タブレット、ノートパソコン、IoT機器で広く利用されており、将来的にはさらに多くの種類の機器で利用できるようになる見込みとなります。このような幅広い利用可能性により、ユーザーはデバイスの使用と管理が容易になるでしょう。

 

III. SIMカード(物理的なカード)が以前ほど売れないのはなぜか?

1.サイズが大きい:スマートウォッチ、スポーツブレスレット、その他のウェアラブルデバイスなど、多くのスマートハードウェアにとって、SIMカードは比較的大きく、かなりのスペースを占めます。これらのデバイスの内部スペースは非常に限られているため、SIMカードを対応しながら、より薄いデバイスを実現するとは設計上の課題となります。

2.番号変更の難しさ:SIMカードは通常、特定のキャリアと電話番号に紐付けられており、キャリアや電話番号を変更したいユーザーは、番号変更のための一連の手続きを行う必要があり、比較的面倒です。

3.セキュリティリスク:SIMカード自体には一定の安全性が確保されているものの、その物理的特性や利用方法から、セキュリティ上のリスクが存在します。

4.防水性能の制限:SIMカードはカードスロットに挿入する必要があるため、端末にはスロットに対応した開口部が必要となります。この開口部が防水性能のボトルネックとなり、濡れた場所や水中での使用が制限されます。

5.接触不良の問題:SIMカードは金属接点を介してデバイスに接続されます。このはんだ付けされていない接点は接触不良を起こす可能性があり、特に長時間の使用や、デバイスが振動や衝撃などの過酷な環境にさらされた場合、簡単に緩みや剥離につながり、使用に影響を及ぼす可能性があります。

 

Ⅹ.国際ローミングとレンタルWi-Fiがはおすすめません?

国際ローミングの主な欠点はコスト。

国際ローミングの料金は通常、国内での利用に比べて高く、これが多くの人が利用をためらう理由となっています。 さらに、国際ローミングのネットワークカバレッジと品質は、現地の通信事業者が提供するサービスほど良くない場合があり、ユーザーのネットワーク体験に影響を与える可能性があります。

一方、レンタルWi-Fiは、グローバルなネットワーク接続を提供できるものの、いくつかの制限があります。 第一に、海外の環境に不慣れなユーザーや、言葉がうまく通じないユーザーにとって、外出先でWiFiデバイスをレンタルすることは、ある種の障害を生む可能性があります。 第二に、レンタルWi-Fiデバイスは持ち運び時に荷物のスペースを取ってしまいます。第三に、モバイルデバイスをWi-Fi接続にする必要があるため、デバイスのバッテリーが普段より速く切れてしまうことがよくあります。外出の時に電源切れたら、不安な状況に陥れてしまうことは怖いでしょう。さらに、一部のレンタルWi-Fi自体のバッテリーが足りない場合があり、ユーザーは別の重いバッテリーを持って行かなければなりません。旅にとっては大変なことでしょう。

近年、技術の発展や市場とお客様のニーズの変化に伴い、eSIMが登場しました。より便利で経済的かつ効率的なグローバルネットワーク接続ソリューションを提供し、プリペイドSIMカード、国際ローミングやレンタルWi-Fiの市場シェアに一定の影響を与えます。もしお使いの携帯電話がeSIMにも対応しているのであれば、次回の旅行でeSIMを一度購入して試してみてはいかがでしょうか。

 

もっと読む:

eSIMとは?端末がeSIMに対応しているかどうかの確認方法について

現在(2024年2月時点で)eSIMに対応しているIOSのデバイスリストです

eSIMに対応しているAndroidデバイス‐2024年2月時点

海外旅行でネット接続したい?スマホ・ネットワークの使用方法をまとめ

 


AlmondSIM
Almond simは株式会社ビッグコネクトの登録商標です。
©株式会社ビッグコネクト-All RIGHTS RESERVED