2022年9月、Apple社は新しいデザインのiPhone14とiPhone14proを発売しましたが、物理SIMカードスロットの設計が廃止されました。そのため、米国バージョンの最新iPhoneでは、短期間の帰国時にスマートフォンでインターネットを利用することが難しいです。この問題を解決するために、Almondは次の方法を提供しています。 2022年9月、Apple社は新しいデザインのiPhone14とiPhone14proを発売しましたが、物理SIMカードスロットの設計が廃止されました。そのため、米国バージョンの最新iPhoneでは、短期間の帰国時にスマートフォンでインターネットを利用することが難しいです。この問題を解決するために、Almondは次の方法を提供しています。

Home >ニュースルーム>

iPhone15/15proの米国版はSIMスロットありません?帰国時にネットワークを接続する方法はありますか?

2023-08-14

米国2022年9月、Apple社は新しいデザインのiPhone 14とiPhone 14proを発売しましたが、物理SIMカードスロットの設計が廃止されました。それから、米国版のiPhone 14/14pro・iPhone15/iPhone 15 Proは一般的なSIMカードを挿入することができなくなりました。

これらのスマホを海外でスムーズに使用しても、短期間の帰国や他の国に旅行する時にスマートフォンでインターネットを利用することが難しいです。この問題を解決するために、AlmondSIMは次の方法を提供しています。

 

1.公共の場で利用できる無料無線LANを活用

自宅やオフィス、カフェ、ショッピングモールなどの場所でWi-Fiに接続し、通信アプリやソーシャルアプリを使用して、音声通話、ビデオ通話、メッセージのやり取りを行います。

また、Wi-Fiネットワークを通じて、ウェブサイト、アプリ、クラウドサービスにアクセスすることも可能で、インターネットのニーズを満たすことができます。

欠点としては場所に制限され、外出先で自由なインターネット接続はできません


2.Wi-Fiボックスを使用

携帯用のモバイルWi-FiデバイスなどのWi-Fiシェアリングデバイスを持ち歩くこともできます。

しかし、デバイスを十分に充電しておく必要があり、一部のデバイスは空港でしか借りたり返したりすることができません。やや面倒です。


3.国際ローミングプランを使用

通常のSIM用スマホと同じように、eSIMオンリーのスマホでも国際ローミングプランを利用することができます。

しかし、デメリットとしては高額であり、また信号が頻繁に不安定になることもあります。


4.eSIMカードを使用(おすすめ)

米国版のiPhone 15/iPhone 15 Pro/iPhone 14/iPhone 14 proにAlmond eSIMをインストールしアクティベートすると、いつでもどこでもインターネット通信が可能です。

先に、Almond eSIM公式サイトで自分に適したデータプランを選択して購入する必要があります。

当社は数多くのプランを提供し、例えば中国香港マカオ、香港、台湾などで使用するeSIMがあります。料金は通常よりも安く、1日あたり10元(200円)から利用できます。

 

日本で最も人気が高いeSIMパッケージをご紹介:

1位 中国・香港・マカオeSIM-7日間 3GB

料金1280円~

有効期間:180日間

その他情報: キャリア 香港SmarTone、マカオCTM、中国本土聯通、データのみ

 

2位 中国香港 eSIM-5日間 1GB/日

料金:1380円~

有効期限:180日間

その他:キャリア HKCSL/3HK/Smartone; データのみ

 

3位 中国台湾eSIM-4日間 1GB/日


料金:990円~

有効期間:180日間

その他情報:キャリア台湾CHT(中華電信)、データのみ

AlmondSIM
Almond simは株式会社ビッグコネクトの登録商標です。
©株式会社ビッグコネクト-All RIGHTS RESERVED