2024年のゴールデンウィーク、eSIMの使って韓国、中国、台湾、香港、タイ、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなど、海外旅行したい人にお勧め! 2024年のゴールデンウィーク、eSIMの使って韓国、中国、台湾、香港、タイ、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなど、海外旅行したい人にお勧め!

Home >ニュースルーム>

【2024】GW!はじめての海外旅行。eSIMの使用に失敗しない3つのポイント!

2024-04-08

2024年のゴールデンウィーク【GW】(4月27日~5月6日)は、相変わらず海外旅行の人気が高い。 ゴールデンウィークを利用して、近隣では韓国、中国、台湾、香港、タイ、5日間以上ならアメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなど、海外旅行に出かける人も多いはず。 ゴールデンウィークまで1ヶ月を切っていますが、旅行前の準備は万端ですか? 海外にいても簡単にインターネットを利用し、連絡を取り合えるように、インターネットへのアクセス方法を選ぶこともお忘れなく。

携帯電話の技術革新により、レンタルWi-FiやSIMカードよりも費用対効果が高く便利なeSIMが、海外旅行中のインターネットアクセスの主な手段となっています。自分のスマホがeSIMに対応しているのかどうかわからないなど、eSIMの購入や利用について不安や戸惑いを感じているのであれば、以下の記事でeSIMの購入から利用までの注意点を詳しく紹介します!

ぜひeSIM購入の参考にしてください!

 

目次

1.eSIMとは

2.eSIMの選び方

2.1 渡航日数と必要な通信量を決める

2.2 適切な価格を見つける

2.3 アフターサービスの有無

2.4 総合ランキング

3.eSIM購入後の使い方

3.1 SIMロックを解除する

3.2 eSIMを順番にセットアップする

3.3 QRコードのスキャン方法

3.4 目的地に到着

3.5 帰国後

 

 

1.eSIMとは

購入する前によく話題になるeSIMとはいったい何だろう?

そんな疑問を持つ人は少なくないはずです。

eSIMとはEmbedded-SIM(組み込み型SIMカード)のことで、基本的にはSIMカードの本質を保ちながらも、ネットワークを通じて携帯端末にダウンロードできる電子データファイルとなることを除けば、SIMカードであることに変わりはない。

SIMカードに比べ、eSIMは挿入・交換の必要がなく、紛失の心配もないのがメリットです。 eSIMに対応している国であればどこでも利用でき、現地でインターネットカードを購入したり、ローミングを有効にしたりする必要がなくなります。 同じ端末で、複数のeSIMをダウンロードして使えるので、持ち運びにも便利です。

以下は、海外旅行中にインターネットにアクセスする一般的な4つの方法「eSIM」「SIMカード」「国際ローミング」「レンタルWi-Fi」の比較です。

eSIMとSIMカードの比較

eSIM・SIMカード・レンタルWi-Fi・国際ローミングの比較


eSIMには多くの利点があるが、新しい技術であるため、購入前に携帯電話がeSIMに対応しているかどうかを確認することをお勧めします。


▪ Apple:iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRまたはそれ以降のモデル、iPad Pro(第3世代)またはそれ以降のモデル、Apple Watch series 3またはそれ以降のモデル。

▪ Samsung:S20 Ultra/Galaxy Fold/Note20 Ultra以降のモデルはeSIMに対応しているが、販売地域によって制限があります。 例えば、台湾でeSIMに対応している機種はGalaxy Z Flip(SM-F700F)のみで、Galaxy WatchシリーズのLTEバージョンはすべてeSIMに対応しています。 ギャラクシーウォッチシリーズのLTE版はすべてeSIMに対応しています。

▪ Google:Google Pixel 3a以降のモデル。

▪ Sony:Samsungと同様、SonyのXperia 1/5/10 IVシリーズ以降のモデルはすべてeSIMに対応しているが、販売地域によって対応できないこともあります。

▪ OPPO:Find X3 Pro、Find X5 Pro、Find N2 Flip

▪ VIVO:X90プロ



上記の機種を見ても、ご自分の端末がeSIMに対応しているかどうかわからない場合は、LINEアカウントを追加してカスタマーサービスにお問い合わせいただければ、ご質問にお答えいたします。





2.eSIMの選び方

最適なeSIMを選ぶにはどうすればいいのだろうか。

海外旅行用のeSIMを販売している会社はたくさんあり、独自の公式サイトを持っている企業もありますし、Amazonで購入できる企業もあります。 各社とも、利用日数や通信量の種類など、さまざまな組み合わせのパッケージを用意しており、価格も大きく異なります。では、具体的にどのようにして自分に最適なeSIMパッケージを選べばいいのだろうか。

 

2.1 渡航日数と必要な通信量を決める

まず、旅行する日数を決めることで、選ぶべきeSIMカードの範囲が決まります。 日数に合うパッケージがない場合は、複数枚購入するか、日数の多いパッケージを購入します。 例えば、3日間、5日間、7日間のパッケージしか提供していないウェブサイトがあり、4日間トラフィックを使用したい場合は、5日間のパッケージを購入することをお勧めします。

次に、ご希望のトラフィックの種類を選択します。通常、定額タイプ、日次タイプ、無制限タイプというように、通信データパッケージにはいくつかの種類があります。定額タイプとは、一定量のデータを持ち、データを使い切るとyoutubeなどの機能が使えなくなります(ほとんどの業者はデータを制限する方法をとります)。

日次タイプとは、毎日1GBの通信量が使えるというように、渡航日数内で毎日通信量が更新されるタイプです。 その日の使用量が超えると制限さ れます。 データに満たない場合は、残りの通信量もクリアされ、翌日0:00から再び同じ容量が利用できるようになります。

無制限パッケージとは、利用期間中の通信量に制限がないパッケージです。

例えば、Youtubeや Tiktokなどのアプリをよく利用される方には、定額タイプパッケージよりも毎日更新パッケージや無制限パッケージの方が適しています。

 

2.2 適切な価格を見つける

異なる販売業者が同じタイプのeSIMを提供していることはよくあります。 第一に考えなければならないのは価格でしょう。

海外旅行はすでに大きなお金がかかるので、もちろん他の部分でお金を節約する必要があります。

通常はAmazonや 楽天で直接購入することが多いのですが、Amazonは同じような商品が多すぎて、取捨選択がなかなか大変です。 実は、多くの販売業者も公式サイトを開設しており、そこではプラットフォーム手数料を払わなくても購入でき、商品の価格もAmazonよりかなり安いこともあります。

以下では、いくつかの人気地域における異なる販売プラットフォームのeSIM価格をまとめている:

韓国

アメリカ

タイ

台湾

Amazon

3日-無制限/日

1430円

7日-無制限

2280円

7日-1GB/日

1280

3日-1GB/日

990

Holafly

5-無制限/日

2400

7日-無制限

3400円

7日-無制限

3400円

5-無制限/日

2400

AlmondSIM

3日-無制限/日

1360

7日-1GB/日

1600

7日-15GB定額

1120円

3日-1GB/日

940

Airalo

10日-無制限/日

4840円

7日-1GB定額

680.76円

10日-50GB定額

1497.67円

7日-1GB定額

680.76円

Trifa

3日-無制限/日

2990円

7日-3GB定額

1650円

7日-3GB定額

1560円

3日-無制限/日

2990

worldesim

3日-無制限/日

2960

7日-3GB定額

1554円

7日-3GB定額

1021円

3日-1GB/日

1184

 

2.3 アフターサービスの有無

アフターサービスが充実しているか否かは、何かトラブルが発生したときに、すぐに対応してもらえるかどうかを保証するものです。

最初に、アフターサービスが24時間提供されているかどうかを確認しましょう。 世界中のどの時間帯でも、カスタマーサービスが非番のためインターネットが使えず、問題が解決しないという心配はありません。

次に、カスタマーサービスへの連絡先を確認すること。 カスタマーサービスにメールで問い合わせるところもあるが、メールを受け取ってから返信を待つ必要があり、相手にメールが届いているかどうかも心配になるだろう。 LINEで問い合わせる方法もあり、こちらは自動応答が便利で、問題が解決しなくてもチャット感覚ですぐに担当者が返信してくれるので安心感があります。

最後に、カスタマーサービスを提供している店をいくつか紹介しよう。

カスタマーサービス情報

Amazon

各店舗のカスタマーサービスまでご連絡ください

Holafly

7*24年中無休のカスタマーサービス

whatsapp「+(1)6613848482」

AlmondSIM

7*24年中無休のカスタマーサービス

LINEアカウント「@014hnww」

whatsapp「w18895117」

Airalo

公式サイトやAPP内のチャット欄

whatsapp

Trifa

7*24年中無休のカスタマーサービス

APPのチャット欄

worldesim

公式サイトやAPPの「お問い合わせページ」

 

2.4 総合ランキング

それでもまだeSIMの購入をためらっている方は、ここでいくつかの大きなeSIM事業者を総合的に比較し、最も適したものを選んで購入することができると思います。

 

▪ Amazon - 豊富な商品、価格を比較できます。 実際のユーザーレビューも多く、購入前の参考になります。 しかし、Amazonのアフターサービスは気になるところ。 また、バーチャル商品であっても、物理的な商品が発送されるのを待たないと受け取ることができません。 独自のサイトで購入するのに比べて利便性が低く、非常に面倒です。

 

▪ Holafly - 現在、検索キーワードの出現数が最も多いeSIMサイト。 複数の国に対応しているが、パッケージの種類が単一で、フレキシブルに選択することができません。 年中無休のカスタマーサービスを提供します。 自動返信機能がなく、カスタマーサービスの返信を待つ必要があります。 eSIMを頻繁に利用する人には、eSIMを簡単に管理できるAPPがあるが、一回の旅行で利用する人には、少し冗長で、メモリを消費しがちな気がします。

 

▪ AlmondSIM(アーモンドSIM) - Amazonで超売れ筋の人気eSIM業者。 強力なサプライチェーンのサポートがあるため、他の国よりも価格が安く、種類も豊富。 自動応答機能で24時間カスタマーサービスを提供。 しかし、アプリが提供されていないため、トラフィックの利用状況を確認する手段がありません。 一方、ウェブサイトは最近開設されたようで、ややスパルタンな印象を受けます。 しかし、まだ始まったばかりなので、価格が安いだけでなく、新規ユーザー向けの割引クーポンも配布しており、なかなか良さそうな気がします。

 

▪ Airalo(エアラロ) - こちらもアプリ付きの人気eSIMサイト。 少額の日数パッケージはほとんどなく、ほとんどが5日以降のトラフィックパッケージ。 値段は高いが、友人とリンクをシェアすれば3米ドル割引になります。 ただし、シェアした友人自身が割引を受けるには、新規ユーザーとしてサインアップする必要があることに注意。 他人に迷惑をかけたくない人には、やりにくいでしょう。

 

▪ Worldesim(ワールドシム) - ビジョンの下に設立されたeSIM専門のウェブサイト。 大企業を傘下に持つことが最大の強み。 しかし、価格は高めで、パッケージの数は限られており、主に定額タイプのパッケージを提供しています。 また、独自のAPPを持っており、APPを通じてパッケージの使用状況を確認することができます。 今後、より費用対効果の高いデータパッケージが更新されることを期待していますね。


 

3.eSIM購入後の使い方

Amazonなど販売サイトで購入した場合は、製品が発送されるのを待つ必要があります。 ブランドの公式サイトで購入した場合は、最短5分でeSIMが記載されたメールが届きます。 eSIMを使うには、日本の端末を例にするといくつかのステップがあります:

 

3.1 SIMロックを解除する

日本の携帯電話の場合、SIMロックが解除されていることを確認することが非常に重要な最初のステップとなります。

 

3.2 eSIMを順番にセットアップす

 

iPhoneの場合

1.「設定」→「モバイル通信」→「モバイル通信プランを追加」(あるいは「eSIM追加」)をタップ

2.カメラ起動後QRコードをスキャン→「モバイル通信プランを追加」をタップ

3.「デフォルト回線」、「iMessage、FaceTime」、「モバイルデータ通信」は「主回線」を選択

4.登録したeSIMが「以前○○○として使用」と表示されるのを確認

5.「主回線(日本の回線)」を「OFF」にし、「副回線(eSIM)」を「ON」にする

 

Androidの場合

※メーカーによって表示画面が異なる場合があります。

1.「設定」→「ネットワークとインターネット」→「モバイルネットワーク」→「代わりにSIMをダウンロードしますか?」をタップ

2.カメラ起動後QRコードをスキャン→「有効化」をタップ

※日本で設定を行うと「無効」と表示されますが、異常ではありません。

3.「日本で使用中のキャリア」を「OFF」に、「設定したeSIM」を「ON」に

購入したパッケージがAPNの追加を要求しているか、実名認証などの追加要件を要求しているかどうかを確認する必要があることに注意してください。 また、セットアップの前にWi-Fiなどでインターネットに接続する必要があります。

 

 

3.3 QRコードのスキャン方法

通常は別の端末でQRコードを開くか、QRコードを印刷してスキャンすることになります。 スキャンできない場合は、販売元から送られてきたメールを開き、中に記載されているSM-DPを入力してeSIMを読み込むこともできます。

それだけでなく、同じ携帯電話でQRコードをスキャンすることもできます:

スマホ一台でeSIMのQRコードをスキャンする方法ーーfrom:VOYAGEE

 

3.4 目的地に到着

目的地に着いたら、その地域で使っているeSIMに切り替えると、通信ができるようになります。 それだけでなく、通話やメールの送受信に対応したパッケージも存在するので、購入しておくとさらに便利です。

 

3.5 帰国後

帰国後は、旅行前に使用していた回線に戻すことで利用終了となり、追加解約や削除の必要はありません。

 

以上、eSIMについて「メリット」「購入のすすめ」「使い方」の3つの切り口から徹底解説しました。 このGWに海外旅行に行く予定のある方は、ぜひeSIMを使ってみてはいかがだろうか。


AlmondSIM
Almond simは株式会社ビッグコネクトの登録商標です。
©株式会社ビッグコネクト-All RIGHTS RESERVED